塾長コラム

塾長コラム 59「国試2浪以上のみなさん、これからどうする?」

みなさん、こんにちは。

弘中塾の弘中です。

前回の「塾長コラム58」から2ヶ月が経過してしまいました、本当にごめんなさい。

 

実は、この2ヶ月間に色々な事がありましたので少しお伝えします。

詳細は全く不明ですが、大学での授業が対面と「オンライン」併用と成っている所が多く自宅学習へ移行しています。その事で勉強の進め方に遅れや戸惑いが生まれ苦しんだり悩んだりしている人が多いと聞きました。

確かに勉強は一人で進める事が前提ですが、それは正論で中々難しいです。実際に上位25%以内の成績優秀者として卒業しても国試浪人と成る人が250人以上いると推測しています。そこで、不合格を悔やみながらの日々が続いているお気持ちを推察して何か良い方法は無いものかと考えていました。

ご存じの様に「まん延防止」「緊急事態宣言」発出の現在、事務所は完全閉鎖され、お休みと成っており「お電話」「メール」対応しか出来ず対面による「塾長面談」は全てお断りして「オンライン」のみです。従って、具体的な内容やお悩みを細かく聞けずにいましたが、しかし何か出来る事は無いのか。点数を取る必要があるし、卒(学)試もあると成れば日数との戦いですから自習でも上手くいく方法を見出していくしかありません。

前回「塾長コラム58」にも書きました様に、第114回歯科医師国家試験は「必修」80点足切りでは無かったと思いますが、第115回は元の試験制度に戻すのが自然ですから、今年度卒(学)試判定は必ず大幅に切り上がるでしょう。

対策の一つに、自宅学習でも十分に成績向上が見込める為には日程管理をして貰え勉強の進捗状況を細かく管理出来る体制が近道と思います。

この様な前提に立って当塾は「通信講座教材」を一新しました。全行程がクラウド管理と「オンライン」指導で場所を選びません。動画配信も全教科網羅させ5年生からも受講して欲しい内容です。実際に市販「過去問集」巻頭に5年生からの「2年計画」が記載されています事からも「早い・遅い」のお話では無く5年生からの準備が最善です。

この様な視点から昨年10月頃より準備を進め今ここ迄出来ました。

国試合格者数がどの様に削減されても単年度合格が出来る様な実力が求められていますので先ずは着実に基礎を仕上げて臨実問題へと進んで下さい。

一年でも早く白衣を着て次の段階へ進んで欲しいです。

 

この2ヶ月間、30歳台と40歳台の方からお問い合わせを頂く事が多く、一度いつか「塾長コラム」にてお伝えする事が必要と思っていましたので少し述べさせて頂きます。

・30歳台の方へ。

入学迄の道のりが「医学部受験」からの方向転換、「会社員」からの編入等幾つかありますが概ね、前者は留年が多く非常に苦しんでいる人が多いと思います。僕も一つ目の大学在籍中から「医学部」受験を考えて講義終了後の18時頃から代ゼミに通っていましたが高3生を目の当たりにして決定的な開きを感じましたので潔く秋頃に代ゼミ学生部と相談をした上で諦めました。しかし、日本歯科大6年生春にある教授から都内「医学部」への道もあるので卒後に狙ってみてはどうかと言われ、当時「卒試」「国試」「医学部受験」の3本同時で進め直ぐに数学過去問を解いた結果86点で、その教授にお電話にてお伝えしましたが合格最低点が92点近辺なので後7点位必要となり大変な思いで勉強しました。他教科も順調な仕上がりでひょっとしたらとの思いでしたが、ふと、大学を3校出る事が果たして必要なのかと考え最後の一つは辞めても良いのではないかと判断した事を懐かしく思い出します。

僕が言いたいのは、「医学部」受験は断念では無く一旦中断と捉え「歯科大学」卒業後にも大きなチャンス到来があるので全く諦めるべきでは無いと思います。現に医学部編入を考える塾生が毎年います。

どうか、国試合格後に再度考えて欲しいです。

後者については元々堅い意思を持っての入学ですから留年等は無縁の事で卒業迄を成績最上位として進めて国試も自己採点せずに結果を待っています。やはり本当の気持ちがどこに有るのかで決まると思いますので改めて進路決定の難しさを実感します。

・40歳台の方へ。

お問い合わせの殆どで一つ目の「歯科大学」自主退学⇒他大学への再入学が見られますが、卒業迄が希有と思います。場所を変えても同じ事が繰り返されており、ご家族内で凄まじい誹謗と罵り合いが続いています。中には刑事問題へ発展している事も多く、言葉もありません。

 

ご自身の年齢を考えますと早い段階で決断をして、ご実家から出て一人で生活をする事が一歩目と痛感しますので、これ以上、何も申し上げる事はありません。

 

最後に是非、見て頂きたいYoutubeがありましたのでリンクを以下に付けました。

 

https://youtu.be/MziDLZ-9QRk

医学部の歯学部振り替え枠、23年度から廃止へ - CBnewsマネジメント
Page Top