塾長コラム

その37「第112回歯科医師国家試験直前対策として 平成最後の大胆予測」

大変ご無沙汰をしております。

実は、2018年秋に「公衆衛生学」を動画撮影して、「eラーニング」として配信する予定でしたが、私の体調が全く良くならず撮影日が変更され続けてしまい、出来ませんでした。

同年末も同じ様な状況だった為に撮影そのものを断念しましたが、どうしても、今年度終了迄に皆さんへお伝えしたい事がありましたので、国試前日ですが、以下に「公衆衛生学」で出る所を平成最後の大胆予測をして記します。

使用するテキストは、「2019年版 歯科国試KEYWORDS TOPIC:公衆衛生、社会歯科」です。

僕は、このテキストが昔からとても好きで内容が非常に纏まっていますし、国試選択肢も本文熟読で十分に対応出来ますので、当塾は毎年必須テキストにしています。

では、始めましょう。

 

p4 図1-1、p6 KEYWORD、p12 表2-1、p21 図2-3、p29表2-5、p30 図2-8、p33~p36上2行目迄、p50 3相5段階、p68 【医療計画において定める事項】、p69 5疾病5事業、p84 表4-1、p92 表1-5、p 表1-6、p97 図1-8、p100 表1-7、p110 図1-14、p113 図2-1、p122 表2-2、p134 図2-11、p144 図2-21、p145 図2-22、p147 IADL、p154 図2-24、p157 図2-25、p161 図2-27、p166 表4-1、p171 表4-3、p173 表4-4、p179 図5-1、p187 KEYWORD、p210 KEYWORD、P213 図7-2、p215 表7-3、p219 図8-5、p220 表8-2,3、p221 図8-6、p224 図8-8,9、p231 図9-2、p232 表9-2、p236 表9-3、p257 巻末資料11。

 

次に「歯科放射線学」です。

使用するテキストは、今現在お持ちの「白本」や教科書で充分間に合います。

骨髄炎と悪性腫瘍との鑑別、上顎洞疾患、唾液腺疾患等はMRIも含めて見ておこう。

同科目「サイドリーダー」前半部分は全問確認しよう。

 

以上ですが、「公衆衛生学」以外は、当塾「eラーニング」でも詳しく説明しておりますので省きます。

最後に皆さんへ一つだけお伝えがあります。本日の塾受付は17時で終了しましたので、私も含めて誰もいませんが、もし、何かこのコラムで分からない事がありましたら、先ずはメールで連絡先を記して下さい。

折り返し塾長の私が直接、お電話を差し上げます。本日21時迄受け付けますので、その後にお電話を致します。

お出に成らない場合には、次の方へ順番がいきますので、ごめんなさい。

 

弘中

 

 
Page Top