よくあるご質問とその答えをまとめています。

現在、1〜29まで掲載しています。随時、加筆致します。

 その1

1 何故、予備校の様に教室ではなく生徒の自宅なのですか。
1 理由は二つ有ります。
     一つは、予備校の授業に満足していない学生が増えている事です。
    自分に合った授業内容は個別しかないと考えます。
    ですから、その人に合った授業システムを作れば良いと判断しました。
    塾と生徒の考えと意見を徹底的に調整し合いスケジュールを組み立てる。
    この方法が良いのではないでしょうか。

     もう一つは予備校の授業についていけない人がいる事です。
    毎日、夕方迄授業を受けているにも拘らず、模擬試験の成績が上がらない、
    実力が付いたと言う実感が無い等の相談を多数頂きます。
    それは、勉強の取り組み方に大きな問題が有るからです。
    原因は様々ですが特に、予習をしっかりしていない事が挙げられます。
    授業を復習と捉えれば、遅くとも3〜4ヶ月後には必ず点数に結び付くと思います。
   
逆算して、4月スタートで、7月中旬迄の復習内容が結果に出ます
   予習、復習、反復練習
を来年の国家試験迄継続して下さい。

    以前、司法試験予備校で講師をしている私の友人から合格の秘訣を教えて貰いました。
    『習っていない項目は全く分からなくても良いが、習った項目は完全に拾えてなくてはならない。』

    予習のスピードは人それぞれですから、
   まず、何時も自宅の机に向う習慣をしっかりつける事しか有りません。

    そう言う意味からも、自宅で講師と一緒に進める形が良いと思います。

2 本当に、週1〜4回で国試、卒試、CBTに対応出来るのですか。
2 当塾生は5、6年生(本年度から2、3、4年生からのお問い合わせが増えました。)か、大学既卒です。
    分からない所、何時も間違う箇所等について週1〜4回講師と直接会う事で、充分対応出来ます。

    ご安心下さい。

3 一人で勉強中に分からなく成った時は、どうしたら良いのですか。
3 次回の授業迄にどうしても聞きたい場合は塾にメールでご連絡下さい。
    しっかり回答します。

4 自宅に来て戴いた先生との相性が合わなかった場合は変更が出来るのですか。
4 塾長が始めに全ての方と個別面談(保護者の方も同席して頂きます。)を行ないますので、その時に希望や考えをお話下さい。
   それを踏まえて塾長が講師の選定を行います。それでも合わなかった場合は、変更の手続きを取ります。

5 夏休みや冬休みの過ごし方は、どうしたら良いのですか。
5 夏休みは実質、1週間弱と考えて下さい。ゆっくりと自分の時間を持ち、9月に備えて下さい。
   冬休みは有って2日でしょうか。国試終了後に休んで下さい。
   進捗状況を踏まえてですので、開始時期と期間は未定です。

6 一人で勉強を進める事にとても不安を感じますが、解決方法は有りますか。
6 皆さん不安です。それから、勉強は一人でしませんと点数に全く結びつきません。
   従って、常に、一人を念頭に置いて孤独に成って下さい。
講師がしっかりサポートします。

7 地方出身の者ですが、東京に下宿した上で入塾する事は可能ですか。
7 可能です。しかし、一人で下宿となりますと色々雑用が増え、勉強に支障が出る事が沢山有ります。
   ですから、1に有ります様に、自宅がベストと考えます。

8 塾専任講師とは、どの様な方々なのですか。
8 毎年、塾長が一人一人面接をした上で採用しています。レベルと内容にはご安心頂けると思います。

9 授業料の分割は出来るのですか。
9 出来ます。まず、授業開始前迄に授業料の50%と入塾金を納付して頂きます。
    後期が9月開始ですので、残額を8月20日迄に納付して下さい。
    金額の詳細は、事務局から書面にて申し上げます。
    
10 授業時間数が履行されなかった場合、授業料の返金はして頂けますか?
10 塾の都合等
    (=講師の急な事情により授業をキャンセルし、振替の授業を塾生が希望したにも拘らず、講師・塾がそれに応じなかった場合)
    は、時間数分をお返し致します。
    しかし、塾が何度も日程調整したにも拘らず、塾生側の都合でそれに応じて頂けなかった場合、返金は一切致しません。

11 塾生による専任講師の指名は出来るのですか。
11 出来ます。4に有ります様に、希望や意見をお話下さい。事務局が対応します。

12 女性の講師はいますか。
12 在籍しています。

13 成績が上がらず悩んでいます。カウンセリング等は有りますか。
13 個別指導の軸は二つ有ります。
    一つ目は、その人に合った勉強スタイルを確立させていく事。
    二つ目は、塾生の持つ様々な悩みや相談に対応する事です。何時でもお話下さい。

14 入塾迄に色々と尋ねたい事が有りますが、相談等はどの様にしたら良いのでしょうか。
14 お電話やメールで御連絡頂けますでしょうか。事務局が承ります。

    併せて、トップページにあります、電話相談室開設のお知らせ(無料)をご覧頂けますでしょうか。

                 Q&Aその2へ



   |TOPへ戻る塾長略歴講義方針卒試対策部(5年生・6年生) |進級対策部(2年生〜4年生)国試対策部
   |通信教育部 | 再入学対策部 | 授業料についてお問合せ塾長コラム集講師募集内容