その8 ('04/12/27 作成)


「今年を振り返り」

 塾長の弘中崇です。
冬至を過ぎ少し日が長くなった感じがしますが、寒さは厳しく成ってきました。
お恥ずかしい話ですが、僕は大変な寒がりで、毎年、何時も秋頃には着る服の数で体がコンモリしています。

皆さんは風邪や体調は如何ですか。今年の風邪はお腹にくるそうです。要注意です。

 処で、コラムも今回で8回目を数えます。この間、本当に色々な事が有りました。
今年を振り返り、皆さんに改めて申し上げたい事が有ります。
それは、「何時も常に、自分の置かれている環境を冷静に見て欲しい。」と云う事です。
 @ 勉強の状況 A 自分自身の状態 B 家族との関係.....等です。
もし、それが出来ないならば、恥ずかしがらずにお友達や講師に相談をどんどんされてみては如何でしょうか。
必ず、変りますよ。
そして、改めて其処から出発して下さい。間に合いますから。

 さて、年末、年始にかけて行う勉強の内容について少しお伝えします。

 まず、31日迄に、今年やり残した項目を徹底的に進めて下さい。

 何が何でも31日迄に終了させる事です。
未修項目の抽出についてはコラム7を参照下さい。

 次に、年明けからは決して新しい項目には入らない様にする事です。

 理由は、一つ未項目を見つけると、後から次々と出て来て自分自身が不安になり、混乱するからです。
この状態を避ける為にも、是非、年内に未修項目を決着させて下さい。
年を越さない事を常に念頭に置いて下さい。
それを踏まえて、'05/01月からは'04年中に習得した内容の総復習を実施して下さい。

 何度も何度も、テキストに穴が開く程、繰り返し々進めて下さい。
自分の歩いて来た所が、あぜ道と成る位に成れば合格が目前に見えるはずです。
 その時期は、早ければ2月下旬から3月上旬でしょうか。
しかし、通常、前日迄かかります。

 最後に、このコラムで沢山厳しい事を申し上げて来ました。
社会が大きく変化している事を僕自身が実感しています。
この流れはもう暫く続くでしょう。
今迄の概念や観念とは違う、新しいルールが出来て来つつあるのではないかとも思います。

 来年も微力ではありますが、弘中塾は全力で進み、貴君を国試へ送ります。
そして、私の応援メッセージをお送りして、締め括りたいと思います。

 @ 失点を許すな。 A 危機感を察知しろ。 B 合格への執着心を持て。


 本当に有難う御座いました。

 良いお年をお迎え下さい。

 皆さんのご意見をE-mailでお聞かせ下さい。
出来る限りお返事をします。


その他の塾長コラム集を見る

その1('04/01/12-歯科国試合格判定に相対基準導入) /その2('04/04/25-第97回歯科国試合格発表) /その3('04/05/26-日本の人口推移における一考察) /その4('04/07/01-歯科国試合格率の将来予測) /その5('04/07/28-塾長が実施した面談内容について) /その6('04/09/22-歯科国試合格率についての一考察) /その7('04/12/13-之からしなくては成らない事) /その9('05/02/04-弘中塾HPをご覧の受験生へ) / その10('05/03/ -新5年生と6年生の皆さんへ) /その11('05/09/27‐本年度半年間を振り返り〜面接において)その12('05/12/02‐歯科医師国家試験とマッチングについての一考察)
その13('06/01/16-国家試験を前に総点検の実施を)その14('06/04/06-99回歯科医師国家試験の総評と100回の展望についてその15('07/04/13-100回歯科医師国家試験の分析と第101回の予測について)
その16('07/11/01-第101回歯科医師国家試験の分析と今後の予測について)その17('08/05/08-第101回歯科医師国家試験発表を終えて思う事と、今後について)その18('10/03/11-第102回歯科医師国家試験を終えて)その19(`10/02/17-第103回歯科医師国家試験を終えて思う事) / その20('10/03/15-第103回歯科医師国家試験発表を2週間前にひかえて)その21(`10/07/07-夏を迎えて) / その22(`11/02/02-104回歯科医師国家試験を@受験できる人A出来なかったひと、そして来年度に受験する人へ」その23(2011/06/01-第104回歯科医師国家試験から2ヵ月余りが過ぎて)その24 (11/07/06-2011年の七夕を迎えて)その25(2011/09/06-9月に入って)その26(2011/09/06 第106回歯科医師国家試験迄、残り20週と成って) / その27(13/04/12-第106回歯科医師国家試験結果発表を終えて。) / その28(2013/06/30 2013年7月を迎えて) / その29(2014/03/20 第107回歯科医師国家試験結果を踏まえて) / その30(2015/04/30 第108回歯科医師国家試験結果から判断出来る事と今年度の方針について) / その31(2016/06/01 第109回歯科医師国家試験合格者数から考える厚生労働省医政局の方針について)



   |TOPへ戻る塾長略歴講義方針卒試対策部(6年生) | 進級対策部(2年生〜4年生)国試対策部
   |通信教育部再入学対策部 | 授業料についてお問合せ | Q&A集講師募集内容