その7 ('04/12/13 作成)


「之からしなくては成らない事」

 皆さん、大変ご無沙汰しております。
コラム集が少し空いてしまい申し訳有りませんでした。
 処で、早いもので12月も中旬に入りました。
模擬試験等を受験された結果は如何でしたか。
55%位で悩まれている方もいらっしゃると思いますが、決して落ち込まずに前を見て下さい。

 今回は、残された90日強の勉強方針をお話致します。是非参考に為さって下さい。

 「生活習慣について」です。

 就寝と起床がどうなっているか、を考えて下さい。
完全な夜型に成っていませんか。明け方の4〜5時頃迄起きていませんか。
国試が朝の9〜10時から始まるのですから、相手(=国試)の体制に合わせる必要が有ります。
 例えば、
マラソン選手が夜中に練習をするのか。水泳選手が朝の4時頃迄、プールで泳いでいるのか。プロゴルファーが朝迄コースに出ているか。
と言う事と同じ意味なのです。
このスタイルは間違っていますので、今から完全に朝型へ変更して下さい。遅くとも、1時台には就寝して下さい。
 夜中に勉強をするならば、朝の4時頃に起床して、朝食迄に2教科位消化した方が遙に効果が現れます。
明日から実行してみて下さい。必ず変りますから。

 「科目について」です。

 @ まず、目の前に紙を置き、頭に思い浮かんだ不得意科目を5教科書き出してみて下さい=抽出作業。

 1. 歯内療法 2. 解剖学 3. 口腔外科学 4. 矯正学 5. 麻酔学.....等と言う具合に。

 A 次に、細かく分類していきます=細分化。

 歯内療法の何処が不得意なのか。⇒a 薬品 b 歯髄疾患 c 変色歯の漂白.....等です。
此処まで来れば見通しの70%は立ちました。
他の科目についても、全く同様の手続きを繰り返して下さい。

 B 最後に進め方です=実行。

 常に時計を見ながら勉強をして下さい。
勉強とは、時間をかければ良い、問題数を増やせば良い、と云うものでは決してありませんから。
 もし、自分が設定した時間内にその項目が終了しなかった場合は、次の項目へ進んで下さい。
そして、何故完了しなかったかを考えて下さい。
此処で考えませんと、同じ事が次の項目でも起きますから。
之を繰り返す事で相当、現況に変化が現れます。
自信を持って進めて下さい。

 「一週間のスケジュールについて」です。

 之は、あくまでも塾長の私見として聞いて下さい。
以前、司法試験を受けた友人に聞いたのですが、全く勉強をしない日を一日作ったそうです。
なるほど、車と同じ様に、絶えずアクセルを踏んでいては、エンジンから煙が出る、と云う意味だったのでは無いでしょうか。
例え一日が無理でも、半日は勉強から離れて体を休めて下さい。
休息をとり、静かに考える事も大切な勉強ですから。

 最後に、巨人の工藤投手が'04/08/14にインタビューした内容の一部をご紹介しまして、今回のコラムを締めくくります。

「しっかりと打者を見れば、狙い球が見える。」

  皆さんのご意見をE-mailでお聞かせ下さい。
出来る限りお返事をします。


その他の塾長コラム集を見る

その1('04/01/12-歯科国試合格判定に相対基準導入) /その2('04/04/25-第97回歯科国試合格発表) /その3('04/05/26-日本の人口推移における一考察) /その4('04/07/01-歯科国試合格率の将来予測) /その5('04/07/28-塾長が実施した面談内容について) /その6('04/09/22-歯科国試合格率についての一考察) /その8('04/12/27-今年を振り返り) /その9('05/02/04-弘中塾HPをご覧の受験生へ) /その10('05/03/ -新5年生と6年生の皆さんへ) /その11('05/09/27‐本年度半年間を振り返り〜面接において)その12('05/12/02‐歯科医師国家試験とマッチングについての一考察)その13('06/01/16-国家試験を前に総点検の実施を)その14('06/04/06-99回歯科医師国家試験の総評と100回の展望についてその15('07/04/13-100回歯科医師国家試験の分析と第101回の予測について)
その16('07/11/01-第101回歯科医師国家試験の分析と今後の予測について)その17('08/05/08-第101回歯科医師国家試験発表を終えて思う事と、今後について)その18('10/03/11-第102回歯科医師国家試験を終えて)その19(`10/02/17-第103回歯科医師国家試験を終えて思う事) / その20('10/03/15-第103回歯科医師国家試験発表を2週間前にひかえて)その21(`10/07/07-夏を迎えて) / その22(`11/02/02-104回歯科医師国家試験を@受験できる人A出来なかったひと、そして来年度に受験する人へ」 / その23(2011/06/01-第104回歯科医師国家試験から2ヵ月余りが過ぎて)その24 (11/07/06-2011年の七夕を迎えて)その25(2011/09/06-9月に入って)その26(2011/09/06 第106回歯科医師国家試験迄、残り20週と成って) / その27(13/04/12-第106回歯科医師国家試験結果発表を終えて。) / その28(2013/06/30 2013年7月を迎えて) / その29(2014/03/20 第107回歯科医師国家試験結果を踏まえて) / その30(2015/04/30 第108回歯科医師国家試験結果から判断出来る事と今年度の方針について) / その31(2016/06/01 第109回歯科医師国家試験合格者数から考える厚生労働省医政局の方針について)



   |TOPへ戻る塾長略歴講義方針卒試対策部(6年生) | 進級対策部(2年生〜4年生)国試対策部
   |通信教育部再入学対策部 | 授業料についてお問合せ | Q&A集講師募集内容