塾 長 コ ラ ム 集

「第106回 歯科医師国家試験結果発表を終えて。」


  その27(2013/04/12 作成)

皆さん、こんにちは。弘中塾の弘中崇です。
前回の塾長コラムから、時間が経過してしまい、誠に、申し訳ありませんでした。

さて、今回のコラムは、第106回総評と、僕の感じた事を、存分に書く考えでおりますので、
少し長く成りますが、どうか最後までお付き合い下さい。

@先ず、試験問題内容ですが、前回(105回)と比べると、少し難易度は上がりましたが、それ以前(104回より前)と
 同じと考えますので、何時も通り、教科書(サイドリーダー、ライブ歯科理工学等も含みます。)、大学講義中に
 配布されたプリント等を、四捨五入しながら通読すれば、最低75点は、必ず獲得出来る様な試験問題なので、
 恐らく、何浪していても、その様に進めていけば、合格出来る筈です。

A試験形式は、選択肢増加、計算問題等(⇒受験生は、出題箇所を予測出来ていると、思います。)、数年前から、
 少しずつ変化していますが、社会自体の変化と比べると、何も驚く事は無く、センター試験にも導入されている事なので、
 取り立てて対策は、必要無いと、考えます。

B合格者数についてですが、この数年間、2400人近辺で固定されています。厚労省発表によれば、将来1200人にする事が、
 平成18年に決定されていますので、仮に、翌年度(=平成19年度実施分の合格者数は、2375人)から、
 毎年150人削減していたとすると、平成24年度迄に、900人減ですから、1500人位に成っていますが、
 実際は、皆さん、御存知の通りです。その削減出来ない原因と、不適切問題数の関係については、推測ですので、
 今回は、論じません。

C201212月、NHKで、私立歯科大学現状について、報道がありました。皆さん、ご覧になられた方も多いのではと、
 思いますが、入学する生徒の質、欠員率、私立大学の歯科医師国家試験合格率等、本当に厳しい内容でした。
 あの様な報道を見ると、受験生を持つ保護者の方が、果たして、私立歯科大学に入学させる意志や考えがあるのか、
 今、改めて、考えます。

D弘中塾は、今迄、国試合格者数に厳しく着目していましたし、将来も変わりませんが、この数年間における
 合格者数推移を考えると、実は、厚労省の方針に沿って削減してきたとしても、仮に、今日迄、それが出来無かったと
 しても、それは、本当に小さな問題で、突き詰めると、同省にとっては、どうでも良い事なのでは無かったかと、
 思えてきました。
 そう思う理由は、合格者数を3,000人に回復させたとすると、現在、開業医数が、自分の自宅から最寄り駅迄の道程で、
 どれだけの数があるのか、国民は、冷静に判断出来ている筈ですから、是からも、この合格者数なのかと、
 この合格率なのかと、感じたら、自分の子供を行かせるのか、授業料が同額なら、医学部はどうなのか、
 必ず、結論を出すでしょう。
 また、反対に、計画通りの1,200人にしたら、私立歯科大学で、合格率と合格者数の全く成り立たない所が、
 10校出てくるでしょう。
 同省発表の国試合格率は、70%台ですが、毎年固定されている、国公立と私立上位5校の合格者数を差し引くと、
 それ以外の私立大学と浪人生を併せた人数で、残りの合格者数で割ると、丁度、合格率が、28%に成ります。
 従って、上位30%が国試合格とする大学が相当数あるのは、至極自明と考えます。
 従って、その様な実体になっている所に、自分の子供を行かせるのか、もし、浪人に成った場合、合格に何年必要なのか、
 保護者の方針は、明確に出てしまうと、思います。


確かに、歯科医師国家試験の問題は、合格する事が、大切ですが、この突破は、@を守れば、容易く出来るので、
本質は、歯科医師数と大学数を、どうしたら良いのか、廃校、廃部に関わる事では無いのか。ここに行きつくと、考えます。
昨年、廃校、廃部に成った、学校法人(高校等)を調べてみますと、偏差値50以下、教職員への給料不払い等が、
原因と成っています。この条件に当て嵌めると、偏差値40以下(偏差値が高いと良いとは、結びつきません)が、
一つの境界線ではと、思います。それは、大手大学受験予備校が、公表している一覧表から見て取れます。
尚、その一覧表に掲載されていない大学がありますが、格段、論ずる事はありません。

次に、今回、不合格に成った現役生、浪人生と新5年生について、お伝えします。

T.現役生について。

   卒業が困難な時代、本当に良く乗り越えました。
  しかし、国試が、現役生優先の合格と成っているので、来年度は、慎重に進めて欲しいです。
  卒業時成績が、どの辺りだったかを、確認をして、もし、下位なら、相当勉強を積んで、現役生を遥かに上回る、
  目立つ点数を獲得して下さい。

U.浪人生について。

  106回問題で、恐らくB領域が、原因だったのでは無いでしょうか?
  もしそうなら、過去問からは一旦離れて、教科書と学生時代の実習書に戻り、科目の入り口を学び直して下さい。
  そうすれば、9月以降、知識の整理がつくので、仕上がりが早いです。

V.新5年生について。

  司法試験等を除いて、歯科医師国家試験は、丸2年あれば、必ず、卒業と国試合格が、同年に出来ますので、
  CBT終了直後で、何かと疲れているでしょうが、休まず、進めて下さい。2年かけてと云うよりは、
  2年必要な時代に成りました。1年遅れれば、1年到達が遅れます。絶対に、今から進めて下さい。

最後に。

先日、某局のプロ野球ニュースを見ていたら、元巨人の清原、元木解説者が、出演していて、
当日の中日ピッチャーについて、話していました。

元木:「7回迄に100球なので、内容は良かったですね。」

清原:「僕は、バッター出身なので、どうしても、バッターからの視点に成りますが、この相手ピッチャーは、
    バッターが、ストレートを待っているのが、分っていながら、投げれない。このピッチャーは、駄目だと思う。」

成る程、色々な解説者が居ますが、やはり、ものの言い方や視点が、少し、他と違う事を実感しました。
僕は、国試に照らし合わせてみると、絶対に逃げてはいけないし、勝負をかける場面にかけれなくて、何時かけるのか。
このピッチャーは、結果、打たれませんでしたが、この儘では、選手生活は長くもたないでしょう。
確かに、様々な方針や戦術があるでしょうが、勝負とは、正に、清原氏が言っている様に、ここを抑えなくては、
どうにもならない。先に進まない、諦めなくてはいけなくなる等、追い詰められる事に成ります。
正に、背水の陣とは、この事です。
もし、清原が現役なら、このピッチャーが登板する限り、上から見下ろして、何時かは、餌食にするでしょう。
その一瞬が、止めになるかもしれません。しかし、勝負事とは、是でなくてはいけないし、是が出来なくてはいけないのです。

多浪と面談した時、必ず、「去年は、〜予備校で落ちた、〜塾で受からなかった」等々・・・
本当に、何を言っているのか、呆れるばかりです。

大学受験をしている生徒が、予備校の名前を言って、そのせいにするのかと。
一体、どうなっているのか、そもそもの体質が、崩壊していると、言っても良いです。

過去問集ばかりに執着して、現役生と同じ様な勉強方法をせずに、結果を何と考えているのか。

毎年の事ながら、多浪(今年3浪以上)は、何故、こうも合格出来無いのか、もう一度、考えるべきです。

改めて、106回問題を、確認しましたが、どう見ても、どの様に考えても、教科書等で、75点は取れます。
是は、断言して良いでしょう。卒業時成績が、お寒い程の劣悪だったとしても、2浪で決着出来る試験です。

不合格の原因を、新作問題が解けなかったからだと、不適切問題に振り回されたからだと、胸を張って言う前に、
大多数の人が拾っている問題を落とすから、厚労省から、落とされる事に、もう、気付いて欲しいです。

最早、合格者数が、どの様な推移に成ろうとも、80%が現役生、10%が一浪、10%が2浪以上に振り分けられているのですから、極端に目立つ点数を取らない限り、2浪以上は、別の意味で、目立ってしまうのです。

どの様に目立つかは、何時、目を覚ますかで、決まります。

決断の決は、合格したい気持ちの表れで、断は、今迄を、断ち切る気持ちと、その実行そのものです。

弘中塾 弘中 崇

匿名でも結構ですので、メール、お手紙等、お待ちしております。
  toiawase@h-kobetsu.com (件名 塾長コラムについて)

僕は、Face bookもしています。探して見て下さい。

返信が遅れる事がありますが、必ずしますので、そちらもどうぞ。



その1('04/01/12-歯科国試合格判定に相対基準導入)
 /その2('04/04/25-第97回歯科国試合格発表) /その3('04/05/26-日本の人口推移における一考察) /その4('04/07/01-歯科国試合格率の将来予測) /その5('04/07/28-塾長が実施した面談内容について) /その6('04/09/22-歯科国試合格率についての一考察) /その7('04/12/13-之からしなくては成らない事) /その8('04/12/27-今年を振り返り) /その9('05/02/04-弘中塾HPをご覧の受験生へ) /その10('05/03/22-新5年生と6年生の皆さんへ) / その11('05/09/27-「本年度半年間を振り返り」〜面接において)その12('05/12/02‐歯科医師国家試験とマッチングについての一考察) / その13('06/01/16‐国家試験を前の総点検の実施を) /その14('06/04/06-第99回歯科医師国家試験の総評と第100回の展望について) / その15('07/04/13-第100回歯科医師国家試験の分析と第101回の予測について。その16('07/11/01-第101回歯科医師国家試験の分析と今後の予測について)その17('08/05/08-第101回歯科医師国家試験発表を終えて思う事と、今後について)その18(`09/03/11-第102回歯科医師国家試験を終えて) / その19(`10/02/17-第103回歯科医師国家試験を終えて思うこと)その20('10/03/15-第103回歯科医師国家試験発表を2週間前にひかえて) / その21(10/07/07-夏を迎えて)その22(10/02/02-第104回歯科医師国家試験を、@受験できる人A出来なかった人、そして来年受験する人へ」)その23(2011/06/01-第104回歯科医師国家試験から2ヵ月余りが過ぎて)その24(2011/07/06-2011年七夕を迎えて)その25(2011/09/06 9月に入って) /その26(2011/09/06 第106回歯科医師国家試験迄、残り20週と成って) / その28(2013/06/30 2013年7月を迎えて) / その29(2014/03/20 第107回歯科医師国家試験結果を踏まえて) / その30(2015/04/30 第108回歯科医師国家試験結果から判断出来る事と今年度の方針について) / その31(2016/06/01 第109回歯科医師国家試験合格者数から考える厚生労働省医政局の方針について)



   |TOPへ戻る塾長略歴講義方針卒試対策部(6年生) | 進級対策部(2年生〜4年生)国試対策部
   |通信教育部再入学対策部 | 授業料についてお問合せ | Q&A集講師募集内容