その26(2011/09/06 作成)


第106回国試迄、残り20週と、成って。


皆さん、大変御無沙汰をしております。
この間、塾長コラムが長期間に渡り、お休みと成ってしまいました事を、初めに、深くお詫び申し上げます。
是からは、45〜60日に一本、コラムを皆さんへ、お届けして参ります。

さて、今回のコラムは、今年度実施される、第106回歯科医師国家試験の日程が、2013年2月2,3日に行われる事が決まりましたので、
是からの勉強方法について、現役生と、国試浪人生について、其々、分けて進め、表題とは、違いますが、2年生向けに、どうしても伝えておきたい事がありますので、
最後に述べさせて頂きます。

@ 現役生について。

そろそろ、早い大学では、卒業試験(学試試験とも、言いますが、以下、卒試とします。)が実施され、留年生が30〜40人位確定した模様でしょうか?その試験を通過して、更に、年末の最終判定で、20人前後が追加で決まり、総数50人前後から、多い所で、70人位が、留年生と、成るのでしょうか?一方、11月末から、12月初旬に卒試を実施する大学では、100人前後が卒業出来るので、仮に、130人位いた場合、30〜35人が、留年でしょうか?その卒業人数に対して、今年度は、昨年度と国試が全く違いますので(除詳細)、下位25%が、国試不合格ラインと考えて良いです。従って、実質、進級時人数に対しては、75/130(合格率57.7%)と成りますが、国試受験者数としては、75/100(同75%)と成り、少し内容が、違ってきます。

何れにしても、今年度の卒業判定は、昨年度より優しく成る事は、決してありません。

次に、残り20週間の過ごし方ですが、弘中塾は、受験勉強とは、時期と科目を管理出来た者だけが、合格出来ると、考えていますから、
全29教科(区分で少し変動します。)を12月末迄に仕上げていく考えですと、卒試に間に合わないので、11月中旬を目標にした場合、
残り10週間ですから、相当ピッチを上げないと、今年度が、終了してしまい、静かな正月を迎える事に成ります。

仮に留年が確定したら、2週間位休みを取って、今年中から来年度に向けて勉強を開始しませんと、来年の今頃、同じ話をしている事に成り、放校処分の話が出て来ます。
その点だけは、何が何でも、避けて通り、卒業時の合格を目指して下さい。

歯科医師国家試験は再三、私共が、言っている様に、現役生優先の合格なので、卒業時が一番良いです。
もし、卒業だけを考えて、国試は、来年から、との方針なら、其処から、相当勉強をしませんと、将来、受験を断念する事に成ります。
この話は、確実に訪れますので、細心の注意が必要です。
今日より、日数を逆算して、不得意科目と、分量のある科目に区分して、どちらからでも良いので、早急に進めて下さい。


A 浪人生について。

ここ迄、現役生の内容を見て頂き、如何でしたか?

浪人生の強みと弱点が其々、1点ずつ有る事に気付かれましたか?
それは、年々、判定が厳しく成る卒試の事から、解放されている事と、現役生優先の合格なので、現役生と同点では、浪人生に順番が来ない厳しさ、そのものなのです。

この事から、1浪の人は、現役時の獲得点数+10点前後を目標にして下さい。

具体的には、昨年度問題難易度から判断して、72〜75点あれば、合格でしょう。
2浪の人は、更に加点しなくてはいけないので、77〜82点を、絶対目標にして下さい。そうすれば、安全圏だと、思います。
3浪以上の人は、冬の出願時期迄に、本当に仕上がるのか、一度、冷静に成って精査して欲しいです。
もし、仕上がり内容が、お粗末なら、今年度、お休みも良いと、思います。
受験回数を増やす程、合格者数、合格率が極端に下がるので、そう成らない為にも、今年度の状況を判断して下さい。
目安は、全国模試を受験して、ざっと、受験者数3000人中、1200番以内を、11月に取れるかです。
国公立現役生が700人弱いると仮定して、その分が、自分の上にそっくり来るのか、横に来るのかで、自身の順位が変わりますから、
出来るだけ、12月の時点で、1000番以内が望ましいです。それが、どうしても困難なら、出願を考えて下さい。

 次に、残り20週間の進め方ですが、全29教科中、特に、苦手科目、分量過多と、感じる科目を全部で5教科抽出して、その内、どれから開始しても構いませんので、
週単位で仕上げて下さい。目安は、保存3教科について、1教科1週間です。
ですから、口腔解剖+口腔外科で2週間です。科目間の分量にバラツキがありますが、押し並べて、そうすれば、日程管理が出来る筈です。


弘中塾では、1・1・1 と考えています。

年末迄は、1教科1週間で仕上げ、年明けからは、1教科・1日で、総復習する。

最後に2年生について。

近年、2年生からの問い合わせを頂く様に成りましたが、概ね、前期試験結果が相当悪いか、留年生の何れかです。
当塾の考えですが、2年生で留年した場合、必ず、6年生で留年します。現在の卒業判定で、是だけの留年生が出る訳ですから、
今から4年後は、想像出来なくてはいけません。
従って、3年生に進級する迄、一度でも、留年した場合、4、若しくは5年生のCBTで、相当勉強しませんと、その学年で、必ず留年すると考えて良いです。
恐らく、卒業時順位が、上位25%以内に入っていないで卒業した場合、国試合格は、略無しと、思って欲しいです。
卒業時、留年の有無で、国試合格がどの様な結果に成っているのか、自身の問題として、調べなくてはいけないでしょう。
更に、12年在籍の学則があるので、何年も居る事は出来ません。各大学で、学則があるので、その点も確認して、慎重に進めて下さい。
ある保護者の方からですが、御子息が、2年生に在籍しているそうですが、早々と、留年をしているので、大学側から、今の内に退学をして、
新しい路を見付けて欲しいと、再三、強く勧められたそうです。

当塾が、3年前に発売した、DVDの内容と、同じなので、とうとう、この時代が来たのかと、お電話の時、痛感した次第です。
私共の予測ですが、4年生でも留年をする事が、充分考えられるので、在籍年数は、10年越えが、確実です。
各大学、一度でも留年した生徒の、卒業時国試合格率は、10%前後なので、国試合格そのものを、考えなくてはいけませんから、
早期退学を促すのは、ある意味、とても、親切で、学生の立場に立たれているのではと、感じます。

今の3〜4年生以下は、入学時欠員の時代なので、入試自体が、過去とは違う内容だと、思います。
その様な人達が、卒試と国試に挑めるのか、とても心配で成りません。受験とは、正に、合格者数が予め決まっていて、
その椅子に座るのは誰かを、判別する事ですから、歯科医師国家試験については、表面上、資格試験ではありますが、
実態は、東大・早慶等の入試と、制度は全く同じです。

受験とは、この事以外にありません。

入学早々、私が、厳しいお話をしてしまい、申し訳ありませんが、どうか、将来の方向を見据えて、御家族で、お話をされて頂きたく、重ねて、お願い致します。
そうする事で、ご子息の歩む人生が、辛く、悲しいものに成らない様に、導いて頂きたいと、願っています。

最後迄、お読み頂き、本当に有難う御座いました。

次回は、10月中旬を予定しております。

匿名でも結構ですので、メール、お手紙等、お待ちしております。
  toiawase@h-kobetsu.com (件名 塾長コラムについて)

僕は、Face bookもしています。探して見て下さい。

返信が遅れる事がありますが、必ずしますので、そちらもどうぞ。

弘中塾 弘中 崇




その1('04/01/12-歯科国試合格判定に相対基準導入) /その2('04/04/25-第97回歯科国試合格発表) /その3('04/05/26-日本の人口推移における一考察) /その4('04/07/01-歯科国試合格率の将来予測) /その5('04/07/28-塾長が実施した面談内容について) /その6('04/09/22-歯科国試合格率についての一考察) /その7('04/12/13-之からしなくては成らない事) /その8('04/12/27-今年を振り返り) /その9('05/02/04-弘中塾HPをご覧の受験生へ) /その10('05/03/22-新5年生と6年生の皆さんへ) / その11('05/09/27-「本年度半年間を振り返り」〜面接において)その12('05/12/02‐歯科医師国家試験とマッチングについての一考察) / その13('06/01/16‐国家試験を前の総点検の実施を) /その14('06/04/06-第99回歯科医師国家試験の総評と第100回の展望について) / その15('07/04/13-第100回歯科医師国家試験の分析と第101回の予測について。その16('07/11/01-第101回歯科医師国家試験の分析と今後の予測について)その17('08/05/08-第101回歯科医師国家試験発表を終えて思う事と、今後について)その18(`09/03/11-第102回歯科医師国家試験を終えて) / その19(`10/02/17-第103回歯科医師国家試験を終えて思うこと)その20('10/03/15-第103回歯科医師国家試験発表を2週間前にひかえて) / その21(10/07/07-夏を迎えて)その22(10/02/02-第104回歯科医師国家試験を、@受験できる人A出来なかった人、そして来年受験する人へ」)その23(2011/06/01-第104回歯科医師国家試験から2ヵ月余りが過ぎて)その24(2011/07/06-2011年七夕を迎えて)その25(2011/09/06 9月に入って) / その27(13/04/12-第106回歯科医師国家試験結果発表を終えて。) / その28(2013/06/30 2013年7月を迎えて) / その29(2014/03/20 第107回歯科医師国家試験結果を踏まえて) / その30(2015/04/30 第108回歯科医師国家試験結果から判断出来る事と今年度の方針について) / その31(2016/06/01 第109回歯科医師国家試験合格者数から考える厚生労働省医政局の方針について)



   |TOPへ戻る塾長略歴講義方針卒試対策部(6年生) | 進級対策部(2年生〜4年生)国試対策部
   |通信教育部再入学対策部 | 授業料についてお問合せ | Q&A集講師募集内容