その25(2011/09/06作成)


9月に入って


皆さん、こんにちは。弘中塾の弘中崇です。

何時も忙しい中、このコラムを見て頂き、本当に有難う御座います。

受験生の方、保護者の方を始め、色々な方に支えられて、僕は、本当に嬉しいです。

外は未だ暑いですが、秋を迎え、そろそろ仕上がりの時期を感じる頃と思いましたので、今回は、以下の点で、お話を進めさせて頂ければと、考えています。


 1.臨実(写真無し)について。

  2.復習の仕方について。

  3.テストの結果から考える事とは。

  4.6肢導入の真意について、一考察。

    1)肢の周辺を学んでいるか?

    2)毎年、制度改革を行う意味とは。

以上です。

先ず、「1.臨実(写真なし)について」です。

   受験生は、概ね、早い人で、昨年の10月頃から、通常、今年の2月頃から、勉強を開始していますので、基礎科目の仕上がりが、早い人で、
  6月末から7月初旬頃に、遅い人で、7月末から、8月初旬と思います。
  
  そうしますと、勉強の順番でいくと、次が、臨実(写真無し)に成りますが、実際に問題を解いていくと、驚く程、基礎科目と重複している事に気付きます。
  
  是は、勉強の組み立てと進め方が正しい証拠でもあります。
  
  その人は、焦らずに、その儘進めて下さい。
  
  勉強とは、確かに早く始めた方が良いのですが、しかし、スーパーに卵を買いに行くのとは違うので、早い者勝ちではありません。
  この点が難しく、細かい処ではありますが、受験の本質でもあるので、僕自身は、醍醐味を感じます。
  当塾講師と話をしていても、必ず、此処に辿りつきます。過去に、自分自身が本物と言って良いかは別ですが、受験に直面したからこそ、感じる事でもあります。  塾長をしていて、この一瞬が好きで、止められません。

   さて、基礎科目の何が、どの臨床科目に繋がっているか、イメージは付くと思いますが、どれだけしっかりと、把握出来ていますか?
  ひょっとすると、漠然としたものではありませんか?
  もう一度、紙に書く等して、科目間の糸を確固としたものにして下さい。
  そうすれば、基礎科目を何故、弘中塾は煩い程に言うのかが、分って頂けると、思います。

  当塾は、基礎科目が好きなのでは決して無く、点数の底上げは、実は、基礎科目を早々と仕上げる事で、略、その年が見えてしまうと、しているからです。
  
  ですから、基礎科目そのものを、過去問集だけで流していると、少し変化球を投げられたら、一向に取れず、立ちすくむしかありません。
  塾が出来て10年に成りますが、何人、その様な受験生を見て来たか、分らないのです。

  国家試験制度については、後程お話するとして、古い教科書を買い直す位の姿勢で、受験に挑んで下さい。
  何れにしても、基礎科目が仕上がっているか否かは、臨実(写真無し)の進み具合を見れば、自ずと分りますので、
  今なら間に合いますから、基礎科目の復習を徹底させて下さい。


次に「2.復習の仕方について」です。

  1でも触れましたが、復習をどの様に進めていますか?
  
  そもそも、復習とは、貴方にとって、何ですか?

  今更との感がありますが、2点あります。

  @復習=反復しない限り、正確に覚えられない。
  A復習する事で、自分自身の暗記力がどれ程、不明確かが分かる。即ち、自分の実力を知る事
が、最大の目的です。

  この感覚を持ちながら進めるだけで、結果は、変わります。


    次に、復習のポイントですが、まずは苦手科目か、時間の掛かる科目の何れかから始めるのが、最も効果的です。
  得意科目や分量が軽量のものは、最後にして構いませんが、年明けだけは避けて下さい。
  この点だけを守り計画を立てて進めれば、途中、挫折しそうでも、挫折せずに最後迄、上手くいきます。
  無理の無い計画にする事で、国家試験合格は、折り返しを過ぎる事が出来ます。
  以前、この塾長コラムだけを見て、合格された方がいましたが、忠実に守られたからだと、痛感しています。



「3.テストの結果から考えることは」についてです。

    テスト結果そのものは、良い方が気持ちが良いですが、今の時期に高得点を取れる事は、中々困難です。
  それは、勉強の開始時期に影響していますが、仮に、9月頃に浮上する様にもっていくには、昨年の9月開始が、条件です。
  果たして、皆さんの開始時期はどうでしたか?  遅くとも、10月がリミットです。
  
  開始時期との開きが、その儘、浮上時期のズレに直結しますので、そう言う意味からも、焦る事は無いですと、申し上げています。
  結果に左右されるのでは無く、何故、取れなかったのかを検査して、マークミス、記入ミスに始まり、選択肢の読み間違えから、
  先入観からくる早とちり等を、究明します。
  
  是だけでも、相当点数が変わります。
  自分の弱点は、何も科目だけではなくて、受験そのものに対する初歩的なミスも大きいのです。
  ですから、結果から類推する時は、幾つかの入り口を作り、自分自身を少しだけ疑ってみるのも良いでしょう。
  私自身、時々、この様に進めていますが、効果は可也あります。一度、皆さんも如何ですか?



「4.6肢導入の真意について一考察」です。

    このコラムでハッキリ言いますが、肢の増加は、国試浪人潰しそのものです。
  毎年、教科書を離れて、過去問集のみに、取りつかれた様に執着した勉強を進めているのは、国試浪人しかいません。それも、2浪以上です。

  ですから、毎年、間違った勉強方法をしている浪人生には、どうか、そろそろ、ご辞退をお願いして、現役生と国試浪人1年目の人を対象にした
  試験制度にしていると、私は、考えています。

  確かに、今年度から、2浪以上を僕自身がお預かりしていますが、その全員が、現役生と匹敵出来る考えに変わっています。
  面談当初、僕自身、相当、牙を剥いて話しましたが、良く伝わったと、感じています。それも、これも、保護者の方に分って頂いた結果だと、感謝しています。
  何れにしても、肢の増加制度は、2浪以上潰しと、考えて貰って結構です。

 「1) 肢の周辺を学んでいるか」についてです。

      肢の周辺を学ぶ事とは、実は、試験委員の立場に成っていると、言って良いです。
    そもそも、試験委員は恐らく、前年度迄の問題を精査した上で、少しずつアレンジして、時代に即した問題を作成していると、思います。
    ですから、プール問題からも出題されるでしょう。しかし、それは、過去問集だけで対応出来るものでは無く、今の時代に合った教科書にも照らして、
    肢とその周辺を洗わなくてはいけません。
    毎年、問題を見ていますが、目が止まる問題は、多くて5〜7問位で、その全てを落としても、大勢に影響はありません。
    それよりも、周りが拾えている問題を、確実に拾えているかを考えて欲しいです。

  最後に 「2)毎年、制度改革を行う意味とは」についてです。

       毎年、試験制度が変わるとは、例えば、肢が増える。計算問題が出る。問題数が増える。合格発表日が変わる。試験日が変わる。
    出題基準が変わる。出題範囲が変わる。等、沢山考えられます。
    そのどれも、その年に新しく導入されたものですから、少しずつ変化していますね。
    ですから、その年度に初めて受験する人=現役生を、最優先に合格させる方針なのです。是は、断言出来ます。
    従って、その現役生を越えて、合格するには、点数の上乗せ以外に方法はありません。
    どの位の上乗せが必要かは、以前に発刊した、勉強法に詳しく掲載されているので、そちらを見て下さい。
    巷間言われている、現役生優先の合格とは、実は、暗に、この事を指し、サインとしてこちらに出しているのでは無いでしょうか?
    僕は、そう思えて成りません。司法試験制度に準じると、しているなら、尚更、そうです。
    浪人が出来るのか。浪人したら、どの様に進めたら良いのか?この数年、浪人生の方向転換を沢山見て来ました。恐らく、今年度は、更に増えるでしょう。
    人生の分岐点をものに出来なかった場合、大きく進路を変え、今迄の人生をリセットする位の意志で、突き進む事が出来なくてはいけません。
    非情であり、悲惨な局面を迎えます。大人として、避けては通れない道です。決断しかありません。

以上が、今回のコラムでしたが、皆さん、如何でしたか?

匿名でも結構ですので、メール、お手紙等、お待ちしております。
  toiawase@h-kobetsu.com (件名 塾長コラムについて)

僕は、Face bookもしています。探して見て下さい。

返信が遅れる事がありますが、必ずしますので、そちらもどうぞ。

弘中塾  弘中崇




その1('04/01/12-歯科国試合格判定に相対基準導入) /その2('04/04/25-第97回歯科国試合格発表) /その3('04/05/26-日本の人口推移における一考察) /その4('04/07/01-歯科国試合格率の将来予測) /その5('04/07/28-塾長が実施した面談内容について) /その6('04/09/22-歯科国試合格率についての一考察) /その7('04/12/13-之からしなくては成らない事) /その8('04/12/27-今年を振り返り) /その9('05/02/04-弘中塾HPをご覧の受験生へ) /その10('05/03/22-新5年生と6年生の皆さんへ) / その11('05/09/27-「本年度半年間を振り返り」〜面接において)その12('05/12/02‐歯科医師国家試験とマッチングについての一考察) / その13('06/01/16‐国家試験を前の総点検の実施を) /その14('06/04/06-第99回歯科医師国家試験の総評と第100回の展望について) / その15('07/04/13-第100回歯科医師国家試験の分析と第101回の予測について。その16('07/11/01-第101回歯科医師国家試験の分析と今後の予測について)その17('08/05/08-第101回歯科医師国家試験発表を終えて思う事と、今後について)その18(`09/03/11-第102回歯科医師国家試験を終えて) / その19(`10/02/17-第103回歯科医師国家試験を終えて思うこと)その20('10/03/15-第103回歯科医師国家試験発表を2週間前にひかえて) / その21(10/07/07-夏を迎えて)その22(10/02/02-第104回歯科医師国家試験を、@受験できる人A出来なかった人、そして来年受験する人へ」)その23(2011/06/01-第104回歯科医師国家試験から2ヵ月余りが過ぎて)その24(2011/07/06-2011年七夕を迎えて)その26(2012/09/06 第106回国試迄、残り20週と、成って) / その27(13/04/12-第106回歯科医師国家試験結果発表を終えて。) / その28(2013/06/30 2013年7月を迎えて) / その29(2014/03/20 第107回歯科医師国家試験結果を踏まえて) / その30(2015/04/30 第108回歯科医師国家試験結果から判断出来る事と今年度の方針について) / その31(2016/06/01 第109回歯科医師国家試験合格者数から考える厚生労働省医政局の方針について)



   |TOPへ戻る塾長略歴講義方針卒試対策部(6年生) | 進級対策部(2年生〜4年生)国試対策部
   |通信教育部再入学対策部 | 授業料についてお問合せ | Q&A集講師募集内容