その11 ('05/09/27 作成)

半年間を振り返り〜面接において

  弘中塾 塾長の弘中 崇です。
皆さん、大変ご無沙汰しております。
このコラム集も半年振りの事と思います。本当に間があいてしまい大変申し訳ありませんでした。
 処で、本年度が始まり今日までに色々な事が面接・面談・講義を通じてありましたが、これから数回にわたって私が感じたことを述べたいと思いますので、皆様の意見、考えなどを是非、塾までお聞かせ頂ければ幸いです。
(toiawase@h-kobetsu.com)

 さて、このコラムをご覧の受験生の方々は、4月下旬に国試発表があってから夏までにどれだけ勉強を進めることが出来たのかが、今、はっきりと表面に出てきているのではないでしょうか?

例えば、

@ 過去問集を何処まで消化できていたか?
A 医学総論の消化具合はどうなっているか?
B どれ程教科書を基に調べてきたか?

等です。

毎回同じ事を言いますが、勉強した科目に対して、点数として結び付くには長い場合で4ヶ月、短い場合でも最低2ヵ月半要します。
ですから、今頃点数が伸びて来た科目は、5〜6月頃に取り掛かったのではないかと推出来ます。

仮に、8月〜9月頃に着手した科目については、恐らく、来年1月頃か、早くても今年の12月頃ではないかと私は考えています。
 今年度の国試が2006年2月11日・12日なのですから、晩秋迄に何処まで仕上げることが出来るかが分岐点となります。
確かに、国試前日まで徹底的に復習することが肝要ですが、見通しは12月中旬頃までに出ていなくてはなりません。

何れにしても、国試発表後から7月末までの内容がここで判明してしまいます。
中々きついお話ですが、勉強ほど如実に結果が出るものも、他にありません。
わずか国試まで10ヶ月なのですから、ほぼ45週で全20教科弱を消化する為には、国試浪人が決定された時点から開始してこの10ヶ月全体を一纏めと捉え、開始時期(=発表直後)から起算して、20週目迄にどれだけまとまるかが肝心であると、何時も私は、面接時に本人やご家族の方々に話をしております。
しかし、その時に本人が私共に対して、失笑したり全く伝わらない現実に、とても残念な気持ちにかられています。

面接する相手の方々に対して、その時間内に、国試の実態と方向を一つ一つ説明する事の難しさを実感しています。





 その他の塾長コラム集をみる

その1('04/01/12-歯科国試合格判定に相対基準導入) /その2('04/04/25-第97回歯科国試合格発表) /その3('04/05/26-日本の人口推移における一考察) /その4('04/07/01-歯科国試合格率の将来予測) /その5('04/07/28-塾長が実施した面談内容について) /その6('04/09/22-歯科国試合格率についての一考察) /その7('04/12/13-之からしなくては成らない事) /その8('04/12/27-今年を振り返り) /その9('05/02/04-弘中塾HPをご覧の受験生へ) /その10('05/03/22-新5年生と6年生の皆さんへ)その12('05/12/02‐歯科医師国家試験とマッチングについての一考察)その13('06/01/16-国家試験を前に総点検の実施を)その14('06/04/06-99回歯科医師国家試験の総評と100回の展望についてその15('07/04/13-100回歯科医師国家試験の分析と第101回の予測について) / その16('07/11/01-第101回歯科医師国家試験の分析と今後の予測について) / その17('08/05/08-第101回歯科医師国家試験発表を終えて思う事と、今後について)その18('10/03/11-第102回歯科医師国家試験を終えて)その19(`10/02/17-第103回歯科医師国家試験を終えて思う事) / その20('10/03/15-第103回歯科医師国家試験発表を2週間前にひかえて)その21(`10/07/07-夏を迎えて) / その22(`11/02/02-104回歯科医師国家試験を@受験できる人A出来なかったひと、そして来年度に受験する人へ」その23(2011/06/01-第104回歯科医師国家試験から2ヵ月余りが過ぎて)その24 (11/07/06-2011年の七夕を迎えて)その25(2011/09/06-9月に入って)その26(2011/09/06 第106回歯科医師国家試験迄、残り20週と成って) / その27(13/04/12-第106回歯科医師国家試験結果発表を終えて。) / その28(2013/06/30 2013年7月を迎えて) / その29(2014/03/20 第107回歯科医師国家試験結果を踏まえて) / その30(2015/04/30 第108回歯科医師国家試験結果から判断出来る事と今年度の方針について) / その31(2016/06/01 第109回歯科医師国家試験合格者数から考える厚生労働省医政局の方針について)


   |TOPへ戻る塾長略歴講義方針卒試対策部(6年生) | 進級対策部(2年生〜4年生)国試対策部
   |通信教育部再入学対策部 | 授業料についてお問合せ | Q&A集講師募集内容